通常飼育とお迎え日までに最低限必要な設備

通常の飼育とお迎え日に最低限必要な設備を記載したいと思います。

【通常飼育に必要な最低限の設備】

①飼育ゲージ

②ハウス・寝床

③給水ボトル

④エサ(ハリネズミフード)とエサ置き

⑤床材

⑦(秋~冬)暖房器具、(春~夏)冷房器具

⑧回し車

⑨ハリネズミの飼育本

以上は通常飼育する上で必要になります。

【お迎え日に最低限必要な設備】

上記の中でもお迎え日(当日)に最低限必要な設備

①ゲージ、②ハウス・寝床、③水飲み、

④エサ、⑤床材、⑦冷暖房

になります。

※お迎えに来られる際も、ゲージ等をお持ちの方はご持参ください。
もしくは連れて帰られる用のかご等をお持ちください。

お迎え日にすぐ揃えられないという場合には、

一時的に代用ができるものを考えます。

 【一時的に代用できるもの】

①飼育ゲージと②ハウス⇒「段ボール」

「飼育ゲージ用」は大きめの段ボールを用意

「ハウス用」は小さめの段ボールに切って入り口をつくる

 

⑤床材⇒新聞紙を細くちぎって入れる

 

※お迎えしたばかりは環境に慣れさせる必要があります。

代用している場合は早急に変わらない環境を整えてあげましょう。

 

【いつでも!絶対必須】

⑦寒い(22度以下)時は「暖房」、暑い(28度以上)時は「冷房」

※小動物用暖房器具がない、冷房が必要な時は一日中エアコンを!
夜の冷え込みや暑さが激しい季節、土地柄で気温の高低差が大きい場合など要注意!
対策を打つまでは「出かける」「寝る」時も、タイマーなどでうっかり切らないように!

 

ハリネズミは暑ければ「夏眠」、寒ければ「冬眠」します。

「夏眠」「冬眠」という名前ですが、実は命に関わる事態です。

ハリネズミを飼い始めたら必ず温度管理を忘れないでください。

お迎え当日に暖房などの用意ができない時や温度が心配な時は、

エアコン等を一日中付けるなどで対応してください。

チックチクでは一日中エアコンをつけて対応しています。

※エアコンの料金などの情報についても追々と載せていきます。

快適な温度の時は特に必要はありません。

しかし、出かける時、寝てるときに急激な変化があるかもしれないので、

季節や、土地柄などには十分注意をしてあげてください。

 

【エサと給水ボトル・給水皿について】

エサと給水についてももちろん必要になります。

チックチクでハリネズミをご購入いただいた場合は、

エサをお分け致しますのでご安心ください。

エサ置きや給水皿は通常の小皿や小鉢などで代用できます。

あまり深いとハリネズミが食べにくいですし、浅いとこぼれます。

大きさをみてほどほどの物を用意してあげてください。

 

【ハリネズミの飼育本と回し車】

ハリネズミの飼育本はできるならば、事前に読んで頂きたい

そして当日に既にあると、とても心強いです。

 

回し車は必要ですが、すこし大きくなってからで大丈夫です。

回し車にもよりますが、小さいハリネズミの足は、

回し車の網にはまり、けがをする可能性があります。

大きくなると、夜には巣の中で動き回っていたりします。

掘りまくったり、上に向かって脱走しようとしたり、

ウロウロしまくったりと様々です。

その時には確実に回し車は必要なので、

お迎え後すぐにはいりませんがしばらくしたら揃えましょう。

 

【参考】

チックチクでは、ハリネズミの体重が250g~300g程になれば、

回し車を導入しています。

 

【当日必要な設備 まとめ】

◆ゲージ、ハウス⇒段ボールで代用可(短期)

◆床材⇒代用品:新聞紙を細長くちぎる

◆エサ(チックチクでご購入の方はお分けいたします)

◆水飲み皿、エサ皿

◆温度管理(冷暖房)

 

【ほかに必要な物】

◆ハリネズミの飼育本(出来れば事前に!)

◆回し車

 

各設備ごとにどんなものがあるかも更新していきます。

 

ハリネズミ専門店 チックチク【兵庫・神戸】